それ逆効果かも。膝が痛いのを治そうとして、こんな運動をしていませんか?

<膝が痛い時、こういう運動を勧められませんでしたか?>

どうも!STUDIO NANAOの拓哉です。
今日は膝の痛みについてです。
痛みについては、世間でも筋膜が原因だとかトリガーポイントが原因だとかが認知されてきたと思います。

それでも、やはり未だにまだ間違った対処法を行っている人も多くみられます。
とくに筋力トレーニング。
よくなるばかりか、悪化する人も。

ですので、簡単に少しだけ触れてみようかと思います。

膝が痛い⇒太ももの筋肉を鍛えましょう?

膝が痛い時、『太ももの筋力が弱いから鍛えましょう』などと言われる時があります。

それで重りをつけたまま膝を伸ばしたまま上下する運動や、
同じように重りをつけて膝を曲げた状態から膝を伸ばす運動など勧められます。

要は太ももに力を入れる運動ですね。

しかし、どうでしょうか?それで膝の痛みが減った人は多いでしょうか?

確かに、膝の痛みの原因は筋肉が影響しています。

しかし、それは膝の筋力低下が原因ではない事が多いです。

実際歩くときは、諸説ありますが膝の力はそこまで必要としないとされています。
私も臨床上で、太ももの筋力低下が著明な人でも歩いている人は多々みられます。

では、痛みの原因はなんでしょうか?

痛みの原因は太ももの使い過ぎ

実は運動不足で太ももの筋力が弱くなっているのではなく、
逆に使いすぎている事が原因だということがあげられます。

特に膝が曲がって歩いている人は、特に太ももの筋肉に負担がかかっています。
試しに膝を常に曲げて歩いてみてください。太ももパンパンになります。
それと同じ状態が常に起きているようなものです。

って事は、さっき言った運動をしなくても太ももの筋肉をつかってますよね?
筋力低下が原因なのであれば、鍛えられて痛みが無くなるはず。
でも、そうはなりません。

他にもハイヒールの人、や内またの人も同様の事が起きてます。

では、どうすれば良いのかというと太ももの筋肉を緩ませてあげればよいのです。

膝のストレスを解放しよう。

今日はその方法を一つ紹介いたします。

筋肉は適度に縮んだり伸びたりすることによって
血の巡りが起きて筋肉自体の疲労物質や痛み物質も流れ、栄養が送られます。

なので力を抜いてただ膝をぶらぶら揺らすだけ痛みの出ない範囲で)

これだけでも太ももの前の筋肉は少し緩んでくれます。

何か膝の調子が悪い人は試してみてください。

今日は簡単ですがここまでにしておきます。

ではまた、へばね!